福島県福島市のいずみ動物病院が動物の健康をサポートします。

いずみ動物病院 img-common-headergraphic.png img-common-contact.jpg
  • トップ
  • 初めての方へ
  • 診療案内
  • ペットホテル
  • Q&A
  • 医院案内
img-common-navshadow.png
contentbgttop

Q&A

よくあるご質問

皆様からお問合わせ頂いたご質問への一部をご紹介致します

 

img-faq-flower.png
【Q】 仔犬・仔猫のワクチンの時期を教えてください。
【A】
 
生後50日以降に1回目のワクチンを接種、それから3~4週間後に2回目のワクチンを接種します。
 
【Q】 犬・猫以外の動物の診察はしていますか?
【A】 ハムスター、ウサギ、小鳥なども診ております。
 
【Q】 緑内障の眼圧は測定できますか?
【A】
 
はい。協力的な犬・猫であれば、その場で測定可能ですが、あばれる場合は麻酔処置が必要になります。
 
【Q】
 
 
犬の避妊手術後の注意点についてお伺いします。
避妊手術後シャンプーはだいたい何日くらいできませんか?
傷口を保護するためにオムツは必要でしょうか?
【A】
 
 
 
 
 
 
手術後約7~10日はシャンプーしないで下さい。
手術創は吸収糸で皮膚の内側を縫合するため皮膚表面には糸は見えず、抜糸も必要ありません。
傷口がほぼ癒えた頃(7~10日後以降)には軽くシャンプーすることは可能です。
オムツは嫌がらなければ良い方法でしょう。
手術後の滲出液や出血が比較的少なく、腹部圧迫の危険がないようでしたら、無理にはオムツをしなくても良いかもしれません。
 
【Q】 成犬の迷い犬(首輪をしている)を飼う場合、どんな手続きと予防接種が必要になりますか?
【A】
 
 
 
まず本来の飼い主がその犬を捜していないかどうか諸機関に問い合わせてみてください。
一定期間飼い主が現れなければ、そこから自分が飼い主として、やることは市町村への犬の登録・狂犬病予防注射が義務となります。又、各人の任意で行う予防として混合ワクチン・フィラリア予防・ノミダニ予防など近くの動物病院で相談してみると良いでしょう。
 
【Q】
 
 
生理がきたみたいなのですがどう対処したらいいか分かりません。
今はおむつカバーにナプキンをあててケージから出していますがこれで良いのでしょうか?
避妊手術も考えていますがいつ頃手術したらいいですか?
【A】
 
 
 
 
室内飼いでオムツカバーなど嫌がらなければそれで良いと思います。
散歩する時は他のオス犬に気を付けて下さい。妊娠しやすい時期は生理開始から約10~12日くらいが目安ですので特に注意が必要です。
避妊手術は初回又は2回目の生理がくる前であれば将来乳腺腫瘍などの悪性化予防が期待できるので早めの方が良いでしょう。
 
【Q】
 
 
目頭から目やにと涙の混ざったようなものが出ています。
目は少し赤いかなという程度でかゆがったりはしていません。
病院に連れて行った方が良いでしょうか?
【A】
 
 
 
軽い結膜炎の場合から内臓や全身的なことまで原因として考えられますが、食欲・水の飲み方など一般状態がほぼ正常であれば結膜炎などの局所的なものかもしれません。
ただ熱があったり化膿性疾患などの症状がある場合大きな疾病が潜在する可能性もありますので、一度病院に連れて行って診てもらうと良いでしょう。
contentbgtbottom
  • 初めての受診の方へ
  • ペットホテルで安心サポート
  • 予防接種について
  • 困った時の
MOBILE SITE
img-common-contact02.png img-common-table.jpg

土日祝日も診療致します。
※急な都合により休診日を
 いただくこともございます。
 電話でご確認の上ご来院下さい。

ページトップへ

トップ | 初めての方へ | 診療案内 | ペットホテル | Q & A | 医院案内

Copyright (c) izumi animal hospital All Rights Reserved.

img-common-footergraphic.png